「快適な空間を届けたい」それがレナテックの想い。QOL(生活の質)の向上をQOL-FANで叶えます。

お問合せは
お気軽に
0463-92-6114
月~金曜日
9:00~17:30

光触媒除菌脱臭事業

光触媒について

光触媒とは

光触媒とは、光を吸収することでその物質自体は変化しないまま、様々な化学反応を起こす物質の総称を言います。自然界の中で身近に起こっている光触媒反応には『光合成』があります。

光触媒IMAGE

光合成とは、植物の葉っぱの表面に存在する葉緑素が、葉の表面に当たる太陽光をエネルギーとして、空気中の二酸化炭素と水から、酸素とデンプンを生成する化学反応のことです。葉緑素のほかに、現在最もポピュラーな光触媒物質に『酸化チタン』があります。当社の光触媒除菌脱臭器は、機械内部に搭載されるセラミックフォームを酸化チタン粒子でコーティングしています。このセラミックフォームに波長380nm以下の紫外線を照射することによって、嫌なニオイを消臭し、ウイルスなどを殺菌することができます。

光触媒セラミックフォーム

特殊な技術を用いて、多孔質セラミックフォームを酸化チタンナノ粒子でコーティング。このナノ粒子状酸化チタンがイヤな臭いを吸収し、有害なウイルスを分解します。

光触媒セラミックフォームIMAGE

光触媒のメカニズム

光触媒のメカニズムIMAGE

光触媒である酸化チタン粒子は、波長380nm以下の紫外線を照射されると、粒子表面から電子e¯ を放出すると同時に、電子e¯ が抜け出した穴から正孔h+も放出します。この電子e¯ と正孔h+は、空気中の酸素や、酸化チタン表面の吸着水と呼ばれる水分子と酸化還元反応を起こし、ヒドロキシラジカル・OHとスーパーオキサイドアニオンO2¯ という非常に酸化分解力の高い物質を生成します。これらの物質が空気中の悪臭源や有機物と反応し、脱臭や殺菌効果を発揮します。

脱臭器への応用

脱臭器への応用IMAGE

光触媒を脱臭器へ応用するために当社では、多孔質セラミックを酸化チタンでコーティングしたものを脱臭装置に搭載しています。常に特定波長の光をセラミックに照射することで、空気がセラミックを通過すると同時に脱臭、浄化処理をします。

PAGE TOP