「快適な空間を届けたい」それがレナテックの想い。QOL(生活の質)の向上をQOL-FANで叶えます。

お問合せは
お気軽に
0463-92-6114
月~金曜日
9:00~17:30

ブログ

「社内旅行その8 最終日」11月15日

2015年11月15日

P1090320P1090332

いよいよ最終日!今日は昼食取って帰るだけ!!の筈でしたが昼食までちょっと時間が有るので阿蘇山を見学に。初めての人も多かったですね。でも、残念なことに曇っていて阿蘇山は見えませんでしたが。

阿蘇山は、九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する活火山で、気象庁による常時観測火山に指定されています。外輪山と数個の中央火口丘から成り、外輪山は南北25km、東西18kmに及び世界最大級の面積380km2の広大なカルデラ地形(鍋型)を形成しており2007年、日本の地質百選に「阿蘇」として選定されました。主に中岳を中心に6世紀ころから頻繁な活動が記録されており、日常的に土砂噴出、赤熱現象、噴火が観測されています。1953年(昭和28年) 第一火口から噴出した噴石で観光客死者6名、負傷者90余名・・御嶽山の噴火を思い出しますね・・・2007年12月より噴火警戒レベルが導入され平成27年9月14日 9時43分、中岳第一火口より噴火で噴石及び噴煙(上空2,000m)の発出が確認されたため噴火警戒レベル3に成っています。

ン十年前の高校の修学旅行で訪れた時は噴火口をまじかに見る事が出来ましたが今では近づく事も出来ません。自然の怖さ!大きさ!不思議さですね!

PAGE TOP