「快適な空間を届けたい」それがレナテックの想い。QOL(生活の質)の向上をQOL-FANで叶えます。

お問合せは
お気軽に
0463-92-6114
月~金曜日
9:00~17:30

ブログ

「ニッカ余市蒸留所その2」9月某日

2014年9月14日

ニッカ6-1

蒸留されたウイスキーは、オーク材の樽にいれられてこの倉庫に入れられます。熟成という行程ですね。その年月は、10年、20年という長い年月をかけるのだそうです。

ニッカ4-1

熟成されたウイスキーは、一樽一樽みな味も臭いも違うそうです。その味の違うウイスキーをブレンドして出荷するのです。同じたるからだけで作ったウイスキーを「シングルカスクウイスキー」といいますが、余市蒸留所でしか販売していません。余市蒸留所で作ったウイスキーだけを混ぜたものを「シングルモルトウイスキー」というそうです。複数の蒸留所で作ったウイスキーを混ぜると「ピュアーモルトウイスキー」これにトウモロコシが原料のウイスキーを混ぜると「ブレンデッドウイスキー」だそうです。少し勉強して帰って来ましたね。

余市蒸留所に売店がありこのお店では、シングルカスクウイスキーを売っています。一樽をそのまま瓶詰めにしたものです。ちょっと高価なのですが、買って帰りました。味はよく分かりませが、ありがたく飲ませていただきました。

創業者の竹鶴政孝は、余市にウイスキー工場を作るのですが、出荷してお金になるのが10年後ということで、リンゴジュースを作って日銭を稼ごうとしたそうです。そこでこの社名は、大日本果汁株式会社と命名されていました。この大日本の「ニチ」と果汁の「カ」からニッカと後に社名変更されたのだそうです。    <To be continued>

 

PAGE TOP