「快適な空間を届けたい」それがレナテックの想い。QOL(生活の質)の向上をQOL-FANで叶えます。

お問合せは
お気軽に
0463-92-6114
月~金曜日
9:00~17:30

ブログ

「鳥取」2010年7月10日(土)

2010年7月10日

「日本ホスピス・在宅ケア研究会in鳥取」という研究会に参加をしてきました。この会の本部は神戸にあります。1992年発足で、終末期の医療をどうするか、お医者さん、看護師さん、社会福祉関係の人、患者、家族、一般市民などが同じ場で対等に議論をしようという会です。毎年1回大会を各地で開催しています。昨年は高知でした。今年が鳥取、来年は沖縄、そして再来年はいよいよ北海道帯広で友達のY医師が主催で帯広大会が開催されます。2012年9月の帯広大会には応援にいかなければ!

終末期をどこで過ごすか大きな問題です。病院のベッドで沢山のチューブにつながれてむかえるか、家で家族と静かな時間を過ごすか。でも、本人の意志通りなかなかいかないようです。第一に在宅ケアの医師が少なすぎます。ホスピスへ入ることも宝くじに当たる確率のようです。特に我々団塊の世代にとっては、深刻な問題です。医師も、病院も満員。生まれてから死ぬまで人人人で超満員。天国へ行っても超満員でしょうかね。

元諏訪中央病院の院長 鎌田實氏の講演を聴きました。「我々はどこから来たのか、どこへ行くのか。命の原点をみつめて」という演題でした。感動して帰ってきました。

チョットまじめな社長の一面でした。

PAGE TOP